×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腹筋ダイエットでシェイプアップ

下腹だけでなく上腹やわき腹の筋肉も鍛えましょう。シンプルな腹筋ダイエットで上腹の鍛錬を行って、内臓を筋肉の力でちょうどよく体内に収めることで、プロポーションを正し姿勢をプリティーに保つ効果も予期でるでしょう。

腰を痛めないためにも、腹筋ダイエットをする時は腰の周辺の力を抜き、少し前かがみ加減になりましょう。背筋を伸ばしきっていると腰によくありません。あごを引き、手のひらを上腹に乗せ、一筋にに仰向けに寝ましょう。そして背中を軽く屈めるような姿勢で、そっと上体を起こしていきます。力が上腹に集中したと感じた姿勢でストップし、5秒間そのまんまでいるようにして下さい。5秒が経過したら元の姿勢に戻ります。

一度身を起こしてまた戻るまでを1セットと勘定、日に10セットを目標としてダイエット運動をします。腹筋ダイエットは気軽に出来るダイエット手法です。続けると続けないとでは、いつしか効果に大きな差が出てきてしまいます。毎日の腹筋ダイエットを根気よく行うことで、腹回りを細く引き締めていきましょう。